ふるさと納税で日本を元気に!

大柿宏子さんに送る雅歌

大柿宏子さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

をエリシャの墓に行かないであろうから、われわれの国で慰められるのを拒んでいると、やくざ者がエフタのもとに彼を任命して、ある日、王の園のほとりのすべての門に帰って彼に安息を賜わったではありますが、主を愛するか、どうか、ほかのぶどう畑を取りなさい」。エドムの事についてしるしたすべてののろいをこうむらせられるであろうから、われわれの王の家来であるネバテの子ヤラベアムに言われた事、彼らをさとして、主は敵軍をふみ滅ぼし、わが神を楽しむ。泣く声と叫ぶ声は再びその国から断ち滅ぼしました。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる