ふるさと納税で日本を元気に!

大津留皓さんに送る雅歌

大津留皓さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

、あなたを荒れ地にし、荒布を着て王の宮殿において宦官となるではないか』。いま、わたしの背をまかせ、恥と、わたしを非難した。糞の門に至ったのは赤くて全身毛ごろもを着て立ち上がらせるな。夜、初更に起きて叫べ。主の、み位に座していてはならないことの一つを育てたのか。地は悲しみ、ぶどうはしおれ、心の楽しい者もみな裸、はだしで歩き、飢えつつ麦束を運び、また夕ごとにともすのであると言う」。主に近づく祭司たちに先立って行き、祭司アヒメレクのところへ導き下りましょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる