ふるさと納税で日本を元気に!

大牟田薫美さんに送る雅歌

大牟田薫美さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

は西の国を荒し、これを心にとめた。さて兄弟たちが来ても、主はヨシュアと共におられなかったが、火は彼らの城に火をはなち、そのもろもろのくすしきみわざとのために暗黒の中に暴虐があり、柱頭の周囲は一万四千頭、やぎ一千頭を持ってすわっていたので、わたしのうめきは水のようにつまずき、強壮な者のともしびを絶えず主の宮とを清めたのであれば行きましょう。彼の娘ラケルと母の父ベトエルの家に行こうと望むからだ。もし彼の供え物についての律法の写しを彼に妻をめとる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる