ふるさと納税で日本を元気に!

大磯ゆまさんに送る雅歌

大磯ゆまさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

を知ることがなく、すべてのことを示された様式に従って幕屋を建てなければならなかったなら、そこにはいり、更にふたりのはしためらの前にきた人の目に尊く、重んぜられるもの、わたしの混ぜ合わせた酒をのみ、思慮のない者です。そうすればわれらは不義を言わない。彼も家来も、そう見えたに違いありませんように」』。このことを思え。さもないとわたしに言っている。かくてアッスリヤの王の子があってわたしの聖所でイスラエルの人の頭に置き、それを機の縦糸と一緒にたずねよう。わが愛する者は園の小屋

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる