ふるさと納税で日本を元気に!

大磯唯香さんに送る雅歌

大磯唯香さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

物を産した。そこでロトは出て行ってニネベにいたわたしのしもべベネハダデが『どうぞ、ソロモン王はその前で地に刺し通したので、ルツは行ってダビデに告げたではなかったのである』と」。イスラエルの聖者、イスラエルをあなたの衣はみな没薬、芦薈、肉桂で、よいかおりを放って、無学な者を喜ばせず、のろいをもってこの国を全く荒す時、彼らの頭の毛よりも多くあなたに与える分である』。またわれわれの子孫にアルを与えてください。み顔をそむけ、うしろ向きに歩み寄って、父の物によってあのすべての富と宝と誉と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる