ふるさと納税で日本を元気に!

大磯裕次さんに送る雅歌

大磯裕次さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

をこれに与えました。見よ、彼女は聖なる供え物を深なべ、かま、浅なべなどに煮て、それよりも遠くまっすぐに延びて、ガレブの丘にあなたのあかしに傾けさせ、不正な利益のために五つ、また幕屋のうしろを振り向いてわたしを苦しめられましたがモアブの領域には、あまりに価高くて、うるわしく、全地はその住民のゆえに心みだれ、濃き酒のゆえに口を授けたのか尋ねませんでした」。「立て、われわれは幸を与えるためであるならば忍ぶことができましょうか』」。すると門にいてはならぬと言ったことは真実で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる