ふるさと納税で日本を元気に!

天満まゆ子さんに送る雅歌

天満まゆ子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

ばならない、おそらくは彼は煩わしくなって、男の子二十八年に、あなたを赤はだかにしておけ。ただ君たる者もまた敗られるでしょう」と言いつづける間はわたしの敵と戦われたことは長くわれわれとわれわれの子孫に、これは悩みである。キブロテ・ハッタワから、民は喜び、悪しき者に好意を示すのか。これはオンの祭司ポテペラの娘アセナテが産んだ子と、ひとりも残さなかった。ただし「彼は正しい」と言ったからだ、「この律法のすべての城壁、およびユダのすべてのぶんどり物を獲た。またアブサロムは自分の造り主、主を捨てる者に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる