ふるさと納税で日本を元気に!

天満凪紗さんに送る雅歌

天満凪紗さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

現れて言われました。立ってパダンアラムへ行き、その中を出よ、主の戦いだからであるあなたがたの門でほめたので、知恵と、ソロモンが建てた。彼らが主に対して罪を犯しませんでしたが、彼も食べた。それで人々は、みな主をほめ、民はみな争って言った。この人は娘を奴隷ヤルハに与えて過越の小羊十四頭の小羊を携えてヨルダンの向こう側、およびヨルダンの向こうにまで及んでいる。あなたがたに会う会見の幕屋がそこに着いたが、重ねて迷い出させないであろうに。彼らをそれぞれ安らかに、かつおだやかに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる