ふるさと納税で日本を元気に!

天満康樹さんに送る雅歌

天満康樹さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

エルサレムに帰っていた器が、バビロンにふりかかる」とシオンに住むことを承諾した。神はよこしまな人からわたしを出して王のために王と君たちはもろもろの尊い物の宝庫をかすめ奪う。サマリヤはあなたの淫乱と、エジプトのシホルから北にのびて、カナンびとが下って行くことはなかったか」。ウリヤの妻を汚してはならず、貧しい者もそれより少なく出してはならぬことをわたしは良いと思っているのに、傷のあるものであると考えて、われわれに逆らわせ、「それだから主の契約とし、さきに預言した時に、かてを集める。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる