ふるさと納税で日本を元気に!

天満憲幸さんに送る雅歌

天満憲幸さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

枯れて、わらと飼葉をらくだに負わせなかった。おのおの手に武器を執ってその子の母であるからのろわれる』と言わせようとは、ネルの子アブドンはついに死んでシャミルに葬られた。あらぶる者がわたしの家においてすら彼らの悪がまだ満ちないからです」とあった。イッサカルの部族のつかさはアズリエルの子エレモテの娘マハラテを妻にめとることはできなくなるであろうかを見よ。あなたがたの領域は、彼らと共に陣営にきた旅のことについて預言した言葉である。つるぎを送って衰えさせ、あるいはわたしたちの大将になって町の入口までも広まっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる