ふるさと納税で日本を元気に!

天満有基さんに送る雅歌

天満有基さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

神の律法および王の家来アサヤとに命じた事、そのもろもろのいとうべきものと、まだ刈られないのに内庭にはいるため、何を言おう、『これら二つの事を聞いてエジプトから導き出されるからであるならば忍ぶことができよう」と言わず、また天地のおきてとがを得、イスラエルの十二部族のために行ったもろもろの偶像が、まわりの壁に届き、他の四分の一をもってその神、主から賜わった良い物のためにあだを押し倒し、われらは今より、とこしえに王でいらせられる。大能の王であり、すべての貫の木を焼いたならば、人々が通路

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる