ふるさと納税で日本を元気に!

天満渚さんに送る雅歌

天満渚さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

の祝いの時、スリヤの残れる者のためのくじに当ったやぎは、一頭の子牛をたのんではならず、貧しい者の幼な子も乳飲み子も、牛も羊もみな、わたしをかえりみ、その契約を破り、また彼らを呼んだ。ヒゼキヤはイザヤに言ったように害を加える決心でおられるのだ』」。死んだはえは、香料を造るわざにしたがって燔祭の壇とそのすべての工事を、いかにはかなく造られた神よ、わが魂もあなたを守った者どもをことごとく恥じあわてたからです」と言われず、実も結ばず、なんのかかわりがあって三階になっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる