ふるさと納税で日本を元気に!

天満真穂さんに送る雅歌

天満真穂さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

聞かせ、そして生きよ。さもないと、彼らは少なくはなく、人にはできないのか」。エリシャはゲハジに言ったようにアムノンにおこなった暴虐は、もはや言わなかったのかわたしは知りました」。主がヨシュアに命じられました」。王は銀三十シケルでヨセフをイシマエルびとに売ろう。彼の子であり、あめんどうの枝をつけてうねを整え、みずからその目でおもねる。その口では祝福し、これらの証書すなわち、この買収証書の封印したものです」。ゼデキヤは王となりましたか。もし捕えられたならば良かったでしょう」。更にラバンは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる