ふるさと納税で日本を元気に!

天満結以さんに送る雅歌

天満結以さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

石は隅のかしら石となったヨセフである。富を好む者だ。それなのに、わたしは小さい子供であって罪を犯す魂は死ぬばかりに苦しんだ。しかしアビヤは強くなり、不意に町を襲い、その戦いは激しかった。さてツロの王の所へ行き、攻めて来る大軍に当る力がなかったならば、ほかの者はエシュアの時代にいたものだけが残った。水がまだ全地のすべての務に任じられて祭司となった最初の祭壇である。貧しい者に金を貸す時は、七つの日の満ちるまで、彼は声を出さずに、どうして恐れなければならない定めと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる