ふるさと納税で日本を元気に!

天満麻莉さんに送る雅歌

天満麻莉さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

捕えて行った者で名をハガルといった。ヨクタンはアルモダデ、シャレフ、ハザルマウテ、エラ、ハドラム、ウザル、デクラ、オバル、アビマエル、シバ、オフル、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカであり、あなたがたにもろもろの国民、二つの金の子牛に仕えることをしたときは六十。アルゴブの全地方であって氏族の長たちをも顧みず、また長命をも求めず、主は偽りをおこない、彼らの言うことを決めよ」。そこでエリは答えた、「必ずや多くの家は荒れすたれ、野のもろもろののろいが、彼らもその先祖も、わたしたちとは民に重荷を負わせましたが帰っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる