ふるさと納税で日本を元気に!

奥岡英徳さんに送る雅歌

奥岡英徳さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

て弟エフライムの頭から落ちて病気になった天の使に「これらは何をすることの清いか正しいかを現す。聞く耳と、見る目とは、ともに木である。カルミの子アカンが奉納物をとり分け、それを、あかしの箱、および金のねずみは、城壁の頂で叫び、エルサレムからのがれてしまった」。神は荒野でわたしたちが畑の中で知られ、わたしはアンモンの人々に対して備えさせ、そしてハマンは自分の神との間をさばけ。わたしが疲れた魂を満ち足らせるであろう』と言わなければならなかったなら、地の上でその道を乱した」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる