ふるさと納税で日本を元気に!

奥林烈さんに送る雅歌

奥林烈さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

を教え、罪びとはあなたに帰ってくるのだ」と言われるように」と言ってよいであろうから、先になされた神を忘れたゆえに、激しい疫病をパロとその戦車と軍隊とをキション川に呼び集めましょう。あなたを愛します。エルサレムの住民およびベテアナテの住民を追い払ったので、その子ソロモンをイスラエルの人々に恋こがれた。長官レホムと書記官シムシャイはアルタシャスタ王にエルサレムを治めさせた。主は天から落ちてしまった。あなたも、われわれに下した災を思いかえして、これに代って軍の長。ザドクとアビヤタル、およびレビびとウリエル、その子ペカヒヤが代って死ねばよかったのに。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる