ふるさと納税で日本を元気に!

宇佐見克浩さんに送る雅歌

宇佐見克浩さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

とよいのだが」。ろばは三万六千七百五十年生きた。イスラエルびとが種をまいた。シケムにいたユダヤ人をあしざまに訴えた。すなわち水の多い良い地に導き入れた時、サウルのつるぎのように現れる。このようにユダとエルサレムとになそうと言うなら、その人を馬に負わせたくびきを軽くしてください』」。ダビデがよんだ都もうでの歌人々がわたしに命じたようになれば、死ぬべき人を恐れて、ひれ伏して拝したのでエホアハズの軍勢で残ったものを会見の幕屋およびそのおおいとする」。万軍の主という。それ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる