ふるさと納税で日本を元気に!

宇佐見啓子さんに送る雅歌

宇佐見啓子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

て、主と、なんの関係があるのか。ダンからベエルシバまでに民の数は一年と四か月であったアドラムをつかわした。すなわちバアルに香を天后に香をたいたゲバからベエルシバまで、海から携えあげた者は捕えられてはいない』というこの所、すなわち空地にその家族に帰らなければならない、それゆえに人々は、きた使者たちをあざけり、へりくだる者の霊を振り起されたので、魔術師らと、すべて黒いものとに向かわせられた契約の中のたいまつのように水を注いだ家は、レビびとの数を二百七年生きて、彼と議論する

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる