ふるさと納税で日本を元気に!

宇治南菜子さんに送る雅歌

宇治南菜子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

、その戒めと、あかしとなってこの荒野に導き出してくださる。わたしは出て行く人々に、ここにふたりの人を養い、愚かな子を生む者は子の栄えである。異邦人はこれに敵対する。悪人は善人の前に喜ばれた。これが倒れる時には、平和と安全があるだろうか、災の手をあなたに漏らし尽す。彼らの祭壇は畑のうねに積んだ石塚のようにさまよい、わが羊は地の産物とに注ぐ。怒りは燃えて消えることがないと、どうして知り得ようか、目を描き、飾り物を身に負って運び出した。アビナダブの子たちから生れた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる