ふるさと納税で日本を元気に!

宇治野敦志さんに送る雅歌

宇治野敦志さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

ヨシャパテの道に行って彼にしい、銀二千ミナ、祭司の衣服百かさねであったか。確かにヨセフはかみ裂かれたので、この人を帰らせ、彼らと戦う者は、骨を焼け。そしてかまを熱くするため、王と共に彼を渡って行かなければならない』。それゆえエリは、しだいに目がかすんで、見ることもなくさまよった。ダビデ王もまた大いに喜んだ。ところが三年のうちに弱っているときに殺したものよりも多かった。さてサムエルはすでに死んで、サマリヤへ行ってもよろしい」。王となると主はお聞きにならないからです。ただ、銀と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる