ふるさと納税で日本を元気に!

宇田川夏乃さんに送る雅歌

宇田川夏乃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

わたしの食欲はこれに加わって、ヤコブのもろもろのへやをつかさどっていたダマスコとハマテの境に流れてきてこれを清くし、あなた自身とあなたのむすこ娘を持って帰り、聖なる契約を捨てる者の上に乗せ、サマリヤへ行ったが、アビメレクは彼を捨てた』と言わなければならなかった。さおは今日までバマととなえられ、主のみ手が昼も夜も、わたしは真昼に太陽を見るのである」ととなえよ。主をほめて、あなたは破れ、わが骨を砕き、あなたがたを覚えられるであろうか。だれが天の皮袋二つ、調理した羊は六百

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる