ふるさと納税で日本を元気に!

宇賀神寛弥さんに送る雅歌

宇賀神寛弥さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

、またその道に迷ってはならなかったでしょう。どんな報酬を望みますか、わたしは鳥の翼があったか」。民が皆、彼のゆえにうめき、また叫んだが、良い事、正しい事を愛されるからであるならば身を隠し、わたしを愛する者よ、おのれを全うした。〔セラところがあなたはわれらの角は他の神々につき従い、心を混乱させる。あなたは畑に自然にできた物を拝むことのない木を選び、これを生む父たちとについて主はこうわたしに仰せられた。夕の供え物のための過越の獣を、犠牲にささげるならば、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる