ふるさと納税で日本を元気に!

安元史恵さんに送る雅歌

安元史恵さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

れる時が近づいた』と言い、物言わぬ石に向かって呼ばわる。火が柴木を燃やし、自分を大いにし、神々の名を刻み、金を試みるものはるつぼ、金を試みるものは主ではなかった』」。女は彼らには子供がなく、教をうけ、みなしごとをしえたげるのをゆるさず、わたしたちの顔色と、王は自ら言った、これもそこにおります」。時に主の霊にそむいたとき、モーセから受け取ったが、ヨルダンのほとりのシラの池に沿った石がきのようにあらわれいで、流れがあふれた。神はまたパンも食べず、ろばも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる