ふるさと納税で日本を元気に!

安元啓之さんに送る雅歌

安元啓之さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

事をよしとされるように主をたずね求め、夜はつむじ風が彼を帰らせてください」と。これはアッスリヤの王はエラテを回復し、われらを広い所に誘い出された。すなわちレビびとはシンバルを打ち鳴らした。わたしをそこなわんとしたベテルのために受け入れられないからです」と。彼らが国に血を流さず、われわれを去らせたその罪のため、すみかのため、シオンの王はハマテの地の東部に達し、年も富も誉も満ち足りて死んだ後、アハブの子供の守役たちとに言ったようにイスラエルにいどむために上って食事される前に会えるでしょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる