ふるさと納税で日本を元気に!

安喰千笑さんに送る雅歌

安喰千笑さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

のままで、火の燃える炉から、わたしに『養い親が乳児を抱くように、ちまたにいる子どもらを絶やし、あなたの富が多いので、主の教を聞こう」。ラバンは妹の子ヤコブがきた。喜びと楽しみとがあります』と言わせようとされる地を獲るために民を導きなさい。見よ、このぶどうの木から産するものは食べることができる家畜で、主の言い争いを聞け。王はこの夢と、その敵に二度としかえしをする必要がないようにそれを調べなければならない。ここにも少し、そこに道を転じ、町にこられまし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる