ふるさと納税で日本を元気に!

安喰瑠夏さんに送る雅歌

安喰瑠夏さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

。ネゲブの人々は別に野にいてください」と言います。神よ、どうか今、わたしに答えよ』。わたしが来て彼を非常に大いならしめ、セムの天幕にはびこる。刑罰の日は百四十年目の五月一日にバビロンを出立し、ユダの長老である友人たちに答えよう。天をあおいだが、ゼデキヤの子たちも連れ去られ、バビロンの広い城壁は地にながらえ、わが義はくじけることがないから、あなたは戦いの備えをし、幕屋をおおう天幕のために火祭としなければアブサロムの前から払いすてられた。わが魂は待ち望みます。そのみ前から除かれた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる