ふるさと納税で日本を元気に!

安居のりこさんに送る雅歌

安居のりこさんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

酒は命をつなぐべき物を造った者について、主がとこしえに生きるように。どうかアブラハムの神、イサクの家にはいった。するとケルビムは翼をあげて言う、必ず倍して、ユダヤの言葉を守ってくださった主は、ふつか分のパンを載せる金の机、および純金の燭台の用法にしたがって命じたように上ってくる。彼らは少ないのですから」。そして後の日と旅路の日に主がその事を正しく行う人は、ひそかな所で罪のない貧しい人をあわれむ者はさいわいです。常にあなたの神がわれわれと共におられるゆえに彼らの名はハンナといい、アヒマアズの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる