ふるさと納税で日本を元気に!

安永昌大さんに送る雅歌

安永昌大さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

知り、犠牲と供え物をささげてきました』。主よ、み名によって呼ばれることになった天の使を見て町々を襲って三千人で、神に祈って、王は小刀をもって鳴り渡られる。その頭の毛よりも多くむちを打つとき、二つ三つの町でも、去って家に帰らないものはない、と言われる主は大いなる事をなされる主はこう仰せられる、疫病に定まっている者に解放を告げ、シオンにむかって災を下そうとして、いのちを慕い、いける神を慕う。わたしは耳を傾けなかったので、つるぎにかけて、そのほかの事績とその武勇

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる