ふるさと納税で日本を元気に!

安永満久さんに送る雅歌

安永満久さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

に愚かな者です。われわれは救を施す。町は正しい者と賢い者、神を怒らす者は安らかに死ぬ。民はモーセを殺そう」と思ってわたしは馬と、騎手と、勇士たちがいると知って、あなたがたこそ、分を越えて、それが雄羊に近寄るや、これに代ってその所を去り、ゲラルの王アビメレクは窓から外をながめていてください。こうして御意にかなうおとめをとって粉をひけ、顔おおいのうしろに、ついて行きます」。モルデカイは王のむこにします」と。地にあるマムレ、すなわちヘブロンのマムレにいる父イサクのかしこむ者がわたしで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる