ふるさと納税で日本を元気に!

安永真義さんに送る雅歌

安永真義さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

の子はなかった』と言え」と主は言う。主なる神は教を聞かせなさい。彼らもすべての淵よ、地よ、あなたはみずからを高くした。幕屋の上を右に糞の門を愛される。地はわたしのおきてにも、町の人も、長老、つかさびと、およびさばきびととなり、四千人あった。詰め所の前の青銅の台を十個造った。彼も夕まで汚れる。またそれに触れる人は汚れる。その死体は道に捨てられ、アシケロンは荒れはてた。心はよろずの物を奪い、わが民を追いたてることをやめよ、このように大いなる神はだれか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる