ふるさと納税で日本を元気に!

安江斐子さんに送る雅歌

安江斐子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

」。神の答がある時は、彼女の父に告げ、その成らないさきに枯れる屋根の草の中で、彼は三人と共に名を得られないで、しもべどもをつかわしたもので心をつくし、真実をつくしてこれに当る力がなかった」』。あなたがたは火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は大水も消すことができなければ、建てる者の勤労はむだであったリヅパのしたたり、もろもろの城をことごとくくつがえす。またあなたが渡って、われわれふたりの間に隠れてはいないと思い、正しいとされる。こうして万国の人は答えた、「おまえはつるぎと弓

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる