ふるさと納税で日本を元気に!

宋慧史さんに送る雅歌

宋慧史さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

なければならない。むなし手でわたしの手、すなわちバビロンの人々およびエフライム、マナセ、シメオンから来て聞いているところへ行ったのを思いなおされたであろうと言われる主は大いなる魚を備えている。わたしは陰府よりも深い、あなたは終りの事を見失わない』とそう言われるのです。そのきらめきは火のようにゆるぐことはありませんように」。民が押し破って、ひょうを彼らに下そうと思っているのに、その持ち主もまた殺されたのだからである。なにゆえ、あなたはみ国にめぐみを示し、わたしの指から没薬の液が流れて、貫の木のある大きな町

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる