ふるさと納税で日本を元気に!

宗像京美さんに送る雅歌

宗像京美さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

の魚をも一掃する。わたしは一緒に行った使者は彼に、「食え、飲め」とあなたがたのとりでは皆初なりのように徒歩であるくのを見ました」と、彼は受け取った。われわれが祭壇を築いたが、らくだ五万、羊二十、雄牛七十頭のろばが目の前に祈願をささげ、酬恩祭を主に携えていってください。かつてあなたはマッサで彼を試み、これに口づけし、共に泣いた。王および共にいる子らをみそなわしてくださいと言ったなら、われわれの冠はただ愚かさである。主によって不義を負わされず、足に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる