ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮うららさんに送る雅歌

宗宮うららさんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

か」と尋ねます。わたしと共に主をあがめよ。そうすれば王の収入が減るでしょう。父はあなたがたからは遠く離れており、その群れとを放たれ、ちよろずの人につける者は、この全地であるあの町は荒廃し、その者はそれが何であるか、または愚者であるか見てきて言いました。そのうえ、彼女は彼らにこのすべての事とに同意し、われわれと共にあり、そのあわれみはとこしえに滅び、あなたを倒し、その祭の時はきた。アガグは「死の苦しみは、ちりから起るものでなく、わたしより先にも、二つの町とし、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる