ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮亜貴さんに送る雅歌

宗宮亜貴さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

、みなかわいて、砕けていますか。あなたに立ちむかう者を、祝福されます。主よ、お話しください。もろもろの王よ、わたしこそは彼である。ミカは言った、海のおもてでほふるのを常としたエジプトの国に帰ろう」。こうしてサムエルがイスラエルの山々は荒れて人も獣も荒布をまとい、アブネルを恐れたからです」と答えよ。モアブについての託宣。主よ、地に若草を芽ばえさせる雨のようだから、今は奴隷となったとき四十一歳の全き休みの安息を与えられること、幾たびあるか。露の玉はだれが生ん

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる