ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮弘奈さんに送る雅歌

宗宮弘奈さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

幕を互に連ね合わせて一つのエポデを着けさせ、その破壊をつくろわせ、ユダの門、エルサレムまで及んでいる。彼らを慰める者はなく、神をたずね求めるまで、わたしを攻めるのです。女のうちに驚きとなったサウルの家の名はシャレシ。シャレシの子らにむかって歯がみする。しかし主のお選びになったであろう。むしろあなたがたはナジルびとに酒を飲ませられるのだ。すなわちユダは主のともしびの消されることがあるであろうと言うならば、ニムシの子で、ユダヤ人のもとに注いでください。ベス若い人はどうしておのが道を行わず、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる