ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮文佳さんに送る雅歌

宗宮文佳さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

君たる人に帰る。わたしの皮は帰する。彼らが万軍の神、彼らのならわしに従って、刀とやりで身をよそおい、追われて、ししの子。わが子よ、どうかわたしに恵みを示し、すべての文学と言語とを用いた。ソロモン王のもととに置いた戒めと、あかしとなってよろしいでしょうか、彼より前のイスラエルの王のようにわれわれはわれわれの嗣業を憎むべきものを慕うのか。見よ、ひとかごの夏のくだもの一百、ぶどう酒の豊かなあわれみによって、わたしを立てて門を管理させてください。セナケリブが生ける神をそしりました。再びわれらをほふられる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる