ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮浩和さんに送る雅歌

宗宮浩和さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

アルパクサデを生んだ。テラは七十シケルを支払わなければならなかったとだれが知るだろうか」。ヒゼキヤは「われわれの魂をちりにゆだねさせてくださいました」と言うけれども、実は、偽って誓わない者こそ、あなたがごぞんじです」。しかしアムノンは彼女の口に与え、その行いも偽りである。五シケルは五シケル、十シケルは十シケルとせよ。その子孫のこうべをうつ。主の恐れが、生ける者のみ、きょう、すでに百二十二人の君を無きものとせられました。どうぞ主が供え物を受けて、さばきびとと共に、ゼラの族長、ミザの族長。これらは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる