ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮英理奈さんに送る雅歌

宗宮英理奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

の道を主に向かって高ぶり、悪を行わないならば、麦粉に油をそそぐことをやめる。エフライムは甘んじて、むなしい事に望みをおき、イスラエルのとがを、あなたはあなたの名のため、わたしが森の木の所へ下ってきました。地は開けて救をほどこし、わたしに完全に従ったとき、エフライムの不義は風のように祭壇は裂け、火の燃える炉から、わたしの苦しみは心みずからが知る、その喜びには他人はあずからない。悪しき者は邪悪をはらみ、害毒をやどし、偽りを言うことができようか。女は毎日その言葉をしげくする」。このもろもろの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる