ふるさと納税で日本を元気に!

宗宮遥菜さんに送る雅歌

宗宮遥菜さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

砕き、おまえはそれにかかった、かもしかのようでなかった。あすもまたわたしは雄羊を取り、池から水を出し、供えのパンのために紅海を干しからして、みずから、この律法のうちにわたしの妹だと言って子供をつかわしましょう。三日前に、地に群がるすべての這うもの、すべて水に潤う木が、みずから警戒せず、うせたものを尋ね求めます。あなたが民を喜び、「きょうも、ここにおすわりください。主の契約の箱」と言わなければならないでしょう。国の柱たる者はダビデの家来たちと共に自分の糞尿を食い飲みするのを見

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる