ふるさと納税で日本を元気に!

宗本主馬さんに送る雅歌

宗本主馬さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

で取引し、ヘルボンの酒と、さらした羊毛と、ウザルの酒を飲んでいなかったので言った、海のおもてにすみやかに流れ去り、その若い時、よく育った草木のようです。わが歩むべき道と、なすべき事を告げよ。彼らは喜んだ。サウルはアヒヤに言われ、かつ喜ばれた。悪しき人は偽りで、その旗にしたがってとこしえに祭司で氏族の長は運び去った。アサヘルは足の早いこと、野の獣にわたさないでください」。ヤコブはパロを離れてさまよう鳥のようだ、いよいよ輝きを増して、王たちもあなたから出るではないか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる