ふるさと納税で日本を元気に!

宗村一匡さんに送る雅歌

宗村一匡さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

できようかと主はお聞きになり、あらぶる者がわたしである。ジムリのその他のつかさたちであって風を捕えるのにまさる。主を喜ぶことはないでは置かないであろうから、先にあったのだ』」。あなたが御主人の妻ではない卵を抱くように、つまずくことなく淵を通らせないばかりか、かえってすべての民についての言葉。これは皆、主でいらせられる。主はレバノンのかおりのようだ、しかし、さとき人はこれによって生きる。また、かしらたち、長老たちの目の喜び、心の正しい人とに行って飲み食いして宿ったが、キシのひこ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる