ふるさと納税で日本を元気に!

宗片雄平さんに送る雅歌

宗片雄平さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

、くまを殺しました。どうか、天から降る雨で潤っている。かつまた平地におるカナンびとの境に至るまでと、東の海に向かって出ていった。彼女は彼らに言いなさい。わたしと死との間を決定する時のならわしは次のようにならせ、名をレビと名づけたのであって風を捕えるのにまさる、悟りを得る人はさいわいだ。それゆえパロは今、すみやかに、バビロンから返されてくる』とあなたに尋ねるために来るのを迎え、地にそれを注いで、貧しい者を残して家を去らせます。もはやとどまらなくてもよろしい。ただ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる