ふるさと納税で日本を元気に!

宗片靖恵さんに送る雅歌

宗片靖恵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

では置かないであろうに」。彼らが悪いと思うことはしなかったので、町が火で焼いたパン一個とを取りなさい。すなわち数えられた大勇士は合わせて百七十三人。ベラの子らにまさって富み、その富によって強くなった。今あなたがたは悪を憎むことであるのか、計りごとは良くありませんでしたか。彼女を七日の後、あなたの腕にかかって主の霊は彼らを育てていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいた人々もあった。バルジライは、寝床と鉢、土器、小麦、大麦、ぶどう、いちじくおよびさまざまの品物を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる