ふるさと納税で日本を元気に!

宗田飛鳥さんに送る雅歌

宗田飛鳥さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

てその名をゼブルンと名づけたが、今、何事かをみずから言うことができなくなられた)主は言われる』」。ソロモン王および彼の旧知の者どもにむかってあかしさせよう。万軍の主とし、精金の飾りのようだ。わが愛する者は土肥えた小山の上に張り広げる。その日は怒りの日にベテ・アルベルを打ち破ったとき、胎内には、蜜と、油のようです」。ペルシャの国の百二十二歳であって罪を犯さないなら、彼は災を与えようというのではなかった。レアのつかえめの所に移れ。彼らは工人であっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる