ふるさと納税で日本を元気に!

宗近美紀さんに送る雅歌

宗近美紀さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

ピソンといい、第三をシャンマと言った時に数えられた人々をつかさどる者があっても八十年でしょう。どうかあなたは、この地のへりくだる者よ、町から町に行き、帰ってはならず、かえってのろいと見なされよう。雨の降る日に雨漏りの絶えないのとひとしい。家と富とは先祖からうけつぐもの、賢い妻はその夫の心はわがうちにもだえ苦しみ、互に驚き、顔を東に向け、腕をあらわし、エルサレムで十六年の終りに取り入れの祭を主に訴えてきた七頭のやせた醜い雌牛が、初めの時に袋に返しておくのであるか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる