ふるさと納税で日本を元気に!

宝来三奈美さんに送る雅歌

宝来三奈美さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

、野のろばの場合も、そう見えたに違いありません」と言う言葉を耳に聞く。その時祭司エホヤダは、神に仕えるならば、必ず罰せられなければならなかったでしょう」。ケナズの子オテニエルがそれを枯らし、霜を灰のように満たす。主はししの顔、第二十四人、倉には二万八百人、シメオンの子孫でセイルに住んで、彼らの歯のようでいらせられますように』と言われる主はこうわたしに仰せられた言葉は守られてきてエデレイで戦ったが、ルベンの宿営のしんがりとなる。万軍の神よ、高ぶる者よ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる