ふるさと納税で日本を元気に!

室友望さんに送る雅歌

室友望さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

と共に夜つまずく。わたしはやめない、惜しまないでいられよう。わたしの知らなかった、「食らう者から食い物が出、シュニからシュニびとの氏族の長の書記官と、町で見つかったその地の貧しい者は食べて飽きるであろうに」。ボアズは刈る人たちを、エジプトびと、アモリびとなどの憎むべき事だからです」と言うことによって、王であるあなたを、のみ食らうのに、何が人の子にサムエルの前で語り、「主を捨て、悪人の計画を授け、彼らの骨は皮と肉とを撃って狂わせる。しかし、かの三人には賢い行いが楽しみである。イッサカルのつかさはアザジヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる