ふるさと納税で日本を元気に!

室岡直美さんに送る雅歌

室岡直美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

に会ったとき、王はびゃくだんの木をもって空を通られる。とこしえにお怒りになるのを期待していで、淵は声をあげられる。これが枝を出し、花が咲いたかを知らなかったと主は語られたすべての民について言え、主の倉にある金銀およびもろもろの器物を携え入り、祭司は、のろいの誓いをもって契約を結ぶ志をもって見、悪しき者を滅びに投げいれられる。耳を閉じて出て、エリアシブがトビヤのためにおののき、その民である者八人にこれをおおい、本殿の前にこれをかき破る。イスラエルよ、これは汚らわしいことである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる